ヨーグルトや加圧でダイエット

ヨーグルトでダイエット効果をアップ!

ダイエットにはヨーグルトがいいと言われていますが、どうして効果があるのでしょうか、また一日のうちいつ頃が食べやすいものでしょうか。

 

様々なダイエット方法がありますが、その中でもヨーグルトを利用したダイエットは腸内環境が整い、便秘解消や冷えやむくみ改善につながります。腸内環境が改善されることで、太りにくい体質へと変化する効果も期待できます。

 

ヨーグルトに含まれている乳酸菌は、空腹時に摂り入れると胃酸に負けてしまいます。生きたままの状態で腸に届きにくくなるので、食前ではなく、食後にヨーグルトを食べた方が効果的です。

 

朝ご飯を摂る場合は、コップ1杯の湯冷ましと、野菜ジュース、そしてヨーグルトとフルーツの組み合わせが適しています。昼や夜の食事では、普通の食事を摂った後にヨーグルトを食べれば、胃酸を越えて乳酸菌は腸に届きます。

 

食後に食べる場合、ヨーグルトを食べる分を考えて、主食を少なめに食べるようにしましょう。それ自体がカロリーオーバー防止にもなります。

 

そのまま食べても美味しいヨーグルトですが、オリゴ糖を加えたり、フルーツとともに摂り入れると吸収率が高くなります。また、グラノーラやナッツ、レーズン等もお勧めです。

 

ヨーグルトの摂取方法は色々とあるので、自分の生活や環境に合った方法で試すことが重要です。ヨーグルトを食べてダイエットをするには、しばらく食べ続けることが前提なので継続性を意識して取り入れましょう。

 

チラコイドでダイエット